もうストレス性の肌荒れに悩まない!

肌荒れ,ストレス,ニキビ

大人ニキビや肌荒れ。辛いですよね…。
ニキビができる原因はいろいろありますが、その中の一つが『ストレスによるアドレナリンの上昇』。
「えっ。アドレナリンが肌荒れの原因?どういうこと!?」と思われる方もいるかもしれません。アドレナリンという言葉は、誰でも一度は耳にしたことがあるでしょう。心や体が興奮状態になったときに急上昇する男性ホルモンの一種です。

 

女性の体内でアドレナリンが活発になるときは、家事・育児が忙しく時間に追われているとき、仕事のプレゼンで緊張しているとき、お客からのクレームを処理したり急な出張でストレスを感じたとき…など。
まさに働く女性が増えた現代ならではのストレスですね。
そんなとき、男性ホルモンであるアドレナリンが過剰に分泌され、肌がオイリーになりニキビができやすくなるのです。いつもピリピリ・イライラしている状態なら常にアドレナリンが大放出され、ターンオーバー(皮膚の新陳代謝)が乱れて毛穴も詰まりやすくなってしまいます。
さらに、免疫力も低下し細菌に感染しやすくなるので、大人の女性の肌荒れは、実は深刻な問題なのです。

 

正しい洗顔や化粧水などでケアするのももちろん大切ですが、ストレス性の場合はまず生活リズムを整えることが第一。そのなかで最も大事なのは「睡眠」。時間は短くてもいいから、深く眠ることが重要です。量より質を重視しましょう。眠りの質が浅いと余計イライラしやすくなるし、脳がうまく働きません。

 

あとは適度な運動と食事。とくに糖分を控えること。
糖分は、皮脂の分解に必要なビタミンBを大量に消費してしまうので、甘いものを食べ過ぎるとビタミンBが不足し、アブラっぽい肌になってしまいます。チョコなどスイーツばかり食べている人の顔にニキビができやすいのはそのせい。

 

あと水の飲みすぎも控えましょう。よくダイエットで「1日2リットル飲もう!」などと謳っていますが、排出されなかった分は体内に残ってむくみになり、免疫力も下がるので、肌にはリスクが高いのです。頑張ってたくさん飲んでもいいことはありません。

 

このように、ライフスタイルを少し見直すだけでも、かなり肌の調子が変わるはずです。
普段の食生活や睡眠を振り返ってみましょう♪

 

肌荒れ,ストレス,ニキビ