意外、いちご鼻になる原因

いちご鼻、原因

鼻の毛穴を中心に、皮脂などが詰まって黒ずんでしまい、まるでいちごのようにぶつぶつに見えてしまう鼻のことをいちご鼻と言います。
顔のケアがあまり行きとどいていない、もしくは気にかけていない証拠であり、印象を損ねる要因ともなってしまいます。鼻は皮脂や角質などが詰まりやすいため、毎日のケアが重要となってきます。

 

いちご鼻の主な原因は皮脂などが毛穴に詰まることですが、それだけではない別の原因もあります。それは毛穴パックで無理に汚れを除去しようとする行為です。毛穴パックはパックをいちご鼻の部分に貼り、乾いたタイミングでそれを剥がすことによって毛穴にあった汚れが取れる仕組みになっていますが、無理に取ろうとすると、角質へのダメージがあり、それから守ろうと角質が厚くなっていきます。角質が厚くなると角栓と呼ばれる、毛穴をふさぐ皮脂の塊が出来やすくなります。こうしたことがいちご鼻の要因となるのです。同様に、爪などで角栓を押し出そうとする行為もしないようにしましょう。見た目には角栓を取り出して気持ちよく思えるでしょうが、皮膚へのダメージだけでなく、無理に押し出した部分がクレーターとなり、角栓がないのにいちご鼻に見えてしまうため、爪などで押し出すのは控えましょう。

 

皮脂を落とした状態で寝ることが求められ、そのためにも洗顔に力を入れるようにし、肌をきれいに保つために必要な皮脂だけ残して洗顔し、毎日清潔さを心がけるようにし、いちご鼻にならない努力が求められます。

 

いちご鼻、原因