生理と毛穴の意外な関係!

ニキビ,女性ホルモン

生理が近づくと、肌の表面がアブラっぽくなったり、ニキビができやすくなりますよね。これは「生理」と「女性ホルモン」に深い関係があるから。

 

生理=月経期は最もニキビができやすい時期ですが、実は生理がはじまる『2週間前』から、お肌の不調は始まっていると言われています。

 

この2週間は、皮脂を過剰に分泌する女性ホルモンが働いて肌がオイリーになり、角栓ができやすくなります。そして生理がはじまると皮脂の分泌量はピークに達し、ニキビが悪化したり毛穴が開きやすくなってしまうのです!

 

生理中は免疫力が低下し、身体はどうしても貧血状態に陥ります。その影響がダイレクトにお肌に現れてしまうんですね。

 

生理前の2週間は、まさに魔の14日間。この時期がいちばん肌全体の調子が悪く、メラニンが生成されやすいので、注意が必要です。おブス肌まっしぐらの期間なので、好きな人に告白するときはこの時期は絶対に外しましょう(笑)

 

しかしここさえ乗り越えれば、生理2日目以降は女性ホルモンも落ち着き、皮脂の量もおさまってくるので、毛穴がキレイに戻っていきます。

 

そして、生理がはじまってから7〜14日経つころには、エストロゲンという女性ホルモンが活発になり、肌が美しくなる時期に突入します!毛穴も引き締まり肌が輝いて見えるので、デートや合コンはこの時期が一番おすすめ♪

 

それ以降は毛穴の状態は再び急降下するので、ニキビができたり毛穴が詰まりやすくなります…。このように、女性ホルモンと毛穴にはとても深〜いつながりがあるんです。

 

このサイクルさえ理解しておけば、ニキビや毛穴の開きの予防策が立てやすいです。

 

ニキビ,女性ホルモン